東北地方太平洋沖地震に関するパイロットプロジェクトの取組みについてのご報告

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
パイロットプロジェクトは、今回の地震では被災による生活物資の不足や住まいの復旧・不足の問題と共に、ライフラインになっている電話・インターネットの復旧・回復等の問題が経済活動の更なる停滞につながる、喫緊の問題だと憂慮しております。
そこで、通信の代理店事業を行う一企業として、今回の震災に対しての私たちが出来る支援活動を以下の通りご報告致します。
  • 1

    今回の地震による影響により、住居、オフィスの移転をご検討される企業様に対しては、通信環境を中心とした手配業務を全面的にバックアップを致します。

  • 1

    今回の地震による影響により、住居、オフィスの移転の手配などの費用は無料とさせて頂き、機器の導入に関しても弊社代理店として、卸価格でご提供をさせて頂きます。

  • 1

    ライフラインとしてインターネットに接続の出来るパソコンなどの端末は無料貸し出しを致します。
    (数量や商品には限りがあります)

  • 1

    収益の一部を日本赤十字社等を通して災害地義捐金として寄付させて頂きます。

以上、弊社は通信代理店として、被害者の皆様に直接的な活動以外にも日々の生活に重要なライフラインに関わるサポートに全力を尽くす事が、弊社の出来る被災者の復興につながる一助になる事を願って本活動にも邁進する所存です。

被災地の方々におかれましては、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げますと共に、少しでも復興のお役に立てるように従業員一同全力で取り組んで参りたいと存じます。

株式会社パイロットプロジェクト
代表取締役  徳木近夫
従業員 一同